売上アップさせるために覆面調査を導入してみよう

販売促進のために

覆面調査を行なっている代行会社には、接客調査だけではなく、売場の広さや競合他社の展開状況を確認するサービスを提供しているところがあります。調査結果は、売場の現況に応じた販促物の送り込みなど、効果的な販売促進活動に役立てることができます。

サービスを調べる

女の人

人数が多い調査会社を選ぶ

店舗の接客サービスというのはその店舗の売り上げを左右するので、経営者ならより良くしておきたいものです。しかし、経営者自らが店舗に出向いてしまっては従業員が身構えてしまい本来のサービスを見ることが出来ません。それに、雇用主の前ではマニュアル通りにサービスを行っていたとしても、利用客の前でも同じようにしているとは限りません。そこで覆面調査の必要が出てきます。覆面調査とは身分を隠してサービスを受けることで利用客目線で行う調査です。覆面調査によってもたらされる報告をサービスの改善や向上に役立てることができます。サービスの品質は少しでも緩むと低下するまであっという間で、頻繁に調査することが大事です。ですが、調査を繰り返していると従業員の方が覆面調査員を見抜いて調査が無意味になってしまうことがあります。また、チェーン店の場合は噂で調査内容がバレてしまって調査の意味が無くなってしまうこともあります。そこで、調査会社に覆面調査を依頼してみてはどうでしょうか。調査会社ならば覆面調査の情報が漏れるリスクは低く、別の視点から情報を集めることが出来ます。他にも調査会社ならば人員が確保しやすいというメリットもあります。覆面調査は様々な違うサービスを検証することでサービスの向上と改善を図るものです。一つのサービスを細かい所まで調査するのはあまり意味がありません。ここで調べるのは利用客に不快なサービスをしていないかという悪評が付かないようなサービスの調査です。もちろん提供するサービスは上質であることに問題はありませんが、それは覆面調査の結果を元にやることです。覆面調査で大切なのは情報を集めることで調査会社は出来るだけ調査員を確保している所を選びましょう。

業績アップに必要な事

自店舗の評価を上げるため、売り上げをアップさせるためには客観的な視点でのリサーチがポイントとなります。覆面調査のサービスを活用すれば、それがそのまま店舗改善の良いヒントになりますし、定期的に利用を続けることで着実に業績をアップさせていくことが可能です。

現状の把握と対策

企業側と利用側間に発生する視点のズレは、覆面調査によって修正が可能です。第三者のチェックであることから、働きやすさを低下させず、ありのままの状態が把握できます。また、良し悪しだけでなくデータとして結果が確認できます。カスタマイズも可能なプランは、2回目以降の目標・改善が進められると好評です。