売上アップさせるために覆面調査を導入してみよう

現状の把握と対策

レディ

改善目標が明確に

商品から接客まですべてがハイクオリティといわれる日本の社会は、定期的なチェックと迅速な改善が品質を支えています。クレームであれば誠意を示すことで解決も可能ですが、多くの問題は、お客様からの指摘すら頂けないのが現実です。また、問題を探す際は接客・商品に注目しがちですが、入店のしやすさや陳列手法も大きくかかわっています。売上が伸びなかったり勢いがなくなったとき、企業側とお客様側の視点にズレが生じていると考えるべきでしょう。お客様側の立場に立った検証が必須となりますが、社員やスタッフの自己チェックではなく、覆面調査が効果的であるといわれています。社員やスタッフも買い物をして普段の生活を送っていますが、自分たちのありのままを調査・報告するのは酷といえるでしょう。職場内の雰囲気や働きやすさにも影響することから、中立の立場である覆面調査への依頼が安心です。覆面調査の代行サービスは以前と比較して増加したため、自社の希望に合った業者が選択できます。料金はある程度の相場で比較できますが、多くの場合は充実のプランで依頼を決定しているのです。いずれの覆面調査代行もスタッフ教育に力を入れ、お客とプロの視点を持ち、さまざまな角度からチェックを行います。調査は良し悪しという単純なものではなく、依頼者はデータ化した結果の閲覧が可能です。あらかじめ用意されているプランですが、覆面調査の内容はカスタマイズできることから、回数を重ねるごとに改善が進む点も好評となっています。